子宮頚がん予防ワクチンについて

子宮頚がん予防ワクチンの接種を行っています。

現在、厚生労働省の方針により、積極的な推奨は一時中止しています。

子宮頚がんの約半分は、ワクチン接種によって予防できる可能性があります。

ワクチンを接種した方も、おとなになったら必ず子宮頚がん検診を受けて下さい。

ワクチン接種をしなかった方、あるいは途中で中止した方は、ワクチン接種した方に比べると、子宮頚がんにかかりやすい可能性があります。

おとなになったら必ず子宮頚がん検診を受けて下さい。
(すでに1回もしくは2回接種している方は、なるべく接種を続けましょう)

参考

よくある副作用
注射部の痛み、腫れ、赤み(50%以上)

まれにおこる副作用
持続的な痛み(頻度不明、因果関係不明)

ごくまれにおこる副作用
アナフィラキシー(1/96万)
ギランバレー症候群(1/430万)
急性散在性脳脊髄炎(ADEM)(1/430万)

公費による無料接種の対象

中学校1年が推奨時期
(小学校6年生から高校1年生相当の女子は無料接種可能)

無料券は不要で、問診票は当院にあります。

ご予約の上、来院してください。

接種スケジュールは3回です。
(1ヶ月もしくは2ヶ月後に2回目、初回から6ヶ月後に3回目)
(注)その他の学年の方(自費接種希望の方)も、接種可能です。15750円/回

各予防接種の詳細へ

(2013年7月1日update)

PAGE TOP